弁護士の役割


高齢化社会が進むにあたって、その高齢者の財産管理をどのようにするのかということは、特に家族にとっては大きな問題となります。この問題を解決する一つの手段として、成年後見制度があります。認知症になると、銀行口座が凍結されることがあります。そういった場合、入院や治療など緊急の際の費用が自分の口座であっても引き出すことができなくなり、大きな障害となってしまうのです。

成年後見制度を利用するには、申立てをする必要があります。この申立ては個人でも行えますが、弁護士に相談するという方法もあります。申立てや成年後見制度は、ある程度の法的知識があるほうがスムーズに手続きが進みます。しかし、ほとんどの人はこの成年後見制度に関して無知なはずです。そういう意味で、法の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

また、成年後見人は財産管理の他に、身上監護という仕事もあります。施設への入所契約や医療関係の契約なども行わなければいけません。こういった場合も、弁護士に相談することで、労力や時間などの負担が軽減されるのです。他にも家庭裁判所への定期報告もあり、様々な面で弁護士が力になってくれるでしょう。このように、成年後見制度には弁護士が欠かせない存在なのです。

◇関連HP◇弁護士へ成年後見相談_スター綜合法律事務所