親の財産管理


これから日本が直面する大きな問題として、高齢化社会が挙げられます。この高齢化社会は様々な問題点を抱えているのですが、その中の一つに、親の財産管理があります。親が高齢で介護が必要になってきたり、認知症を患うなどすると、自身の財産管理もままならない状態になります

このようなケースでは、親の代わりに子が財産管理を行うのが最もよい方法なのですが、例えば、銀行預金の引き出しであっても本人以外では行うことができないのが現状です。親の身体が弱ってきて、歩く事さえ困難となっている場合、本人が銀行に行くことはかなり難しいと言わざるを得ません。また、親が認知症であれば、銀行の口座が凍結されるケースもあります。こうした親の財産管理は、いったいどうすればいいのでしょう。

親の判断能力がしっかりとしていれば、子が正式な代理人となることで、銀行窓口での取引が可能となります。ただ、親が認知症などで判断能力が著しく衰えている場合は、成年後見制度を利用し、親の財産を管理しなければいけません。この制度により、親に代わるの正式な代理人が任命され、親の財産管理ができるようになるのです。そして最近は、この成年後見人についての相談が増えてきているのです。