弁護士の役割


高齢化社会が進むにあたって、その高齢者の財産管理をどのようにするのかということは、特に家族にとっては大きな問題となります。この問題を解決する一つの手段として、成年後見制度があります。認知症になると、銀行口座が凍結されることがあります。そういった場合、入院や治療など緊急の際の費用が自分の口座であっても引き出すことができなくなり、大きな障害となってしまうのです。

成年後見制度を利用するには、申立てをする必要があります。この申立ては個人でも行えますが、弁護士に相談するという方法もあります。申立てや成年後見制度は、ある程度の法的知識があるほうがスムーズに手続きが進みます。しかし、ほとんどの人はこの成年後見制度に関して無知なはずです。そういう意味で、法の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

また、成年後見人は財産管理の他に、身上監護という仕事もあります。施設への入所契約や医療関係の契約なども行わなければいけません。こういった場合も、弁護士に相談することで、労力や時間などの負担が軽減されるのです。他にも家庭裁判所への定期報告もあり、様々な面で弁護士が力になってくれるでしょう。このように、成年後見制度には弁護士が欠かせない存在なのです。

◇関連HP◇弁護士へ成年後見相談_スター綜合法律事務所

成年後見制度の種類


親の財産を管理するには、親と財産管理契約を結ばなければいけません。これにより親の財産の一部、あるいはすべてについて管理できるようになります。この契約は法的には委任契約となり、報酬が発生します。ただ、子が管理する場合は無報酬と定めたり、定額な報酬となることがほとんどです。

この財産管理契約ですが、親が高齢で認知症を患っている場合は、成年後見制度を利用することになります。ここで重要なポイントは、高齢であっても判断能力があれば成年後見制度を利用することはできないのです。

この成年後見制度ですが、種類としては2つあります。まずは法定後見制度です。これはすでに認知症である場合の制度で、判断能力がないことが判断材料となります。そしてもう一つが任意後見制度です。これは現在は判断能力があるけれど、将来的に判断能力が衰えたり、認知症になった場合に備えての制度となります。高齢になってくると認知症の不安がでてくるものです。そういった場合、高齢者が自分の財産を信頼できる人に管理してもらうよう、家庭裁判所で手続きを行うことで、財産管理を任せられるようになります。またこの2つの相違点として、法定後見制度は後見人を裁判所が決め、任意後見制度は本人が決めるという点がありますので、選任には注意が必要です。

親の財産管理


これから日本が直面する大きな問題として、高齢化社会が挙げられます。この高齢化社会は様々な問題点を抱えているのですが、その中の一つに、親の財産管理があります。親が高齢で介護が必要になってきたり、認知症を患うなどすると、自身の財産管理もままならない状態になります

このようなケースでは、親の代わりに子が財産管理を行うのが最もよい方法なのですが、例えば、銀行預金の引き出しであっても本人以外では行うことができないのが現状です。親の身体が弱ってきて、歩く事さえ困難となっている場合、本人が銀行に行くことはかなり難しいと言わざるを得ません。また、親が認知症であれば、銀行の口座が凍結されるケースもあります。こうした親の財産管理は、いったいどうすればいいのでしょう。

親の判断能力がしっかりとしていれば、子が正式な代理人となることで、銀行窓口での取引が可能となります。ただ、親が認知症などで判断能力が著しく衰えている場合は、成年後見制度を利用し、親の財産を管理しなければいけません。この制度により、親に代わるの正式な代理人が任命され、親の財産管理ができるようになるのです。そして最近は、この成年後見人についての相談が増えてきているのです。

財産管理と成年後見


高齢化社会が進む上で、様々な問題点が浮上してきます。その中に、親の財産管理というものがあります。例えば親が介護が必要な状態になった場合、財産の管理はほぼ不可能となります。また、認知症などになれば、銀行口座を凍結されることもあるのです。こういった場合、その財産は誰が管理すればいいのでしょう。

様々な理由で、親が財産の管理ができなくなった場合、それを誰かに委ねることができます。この場合、親と子との間で財産管理契約を結ぶことになりますが、親が認知症であると判断された場合は、成年後見制度を利用することになります。この制度には法定後見制度と、任意後見制度があり前者の場合は、認知症などで完全に管理ができない場合に用いられ、後者はいずれそうなった場合に備えてのものとなります。違いとしては、法定後見制度は、管理者を裁判所が決め、任意後見制度の場合は、親が決めるという点があります。

親が認知症になり、口座が凍結されると、子であってもその口座からお金を引き落とすことはできません。そうなると治療費や介護費などが支払えなくなる事態にもなりかねません。そうしたことにならないように、この成年後見制度を利用するわけですが、それにはまず申立てを行う必要があります。その場合は、弁護士に相談するのがいいでしょう。成年後見人は財産管理以外にも様々な役割がありますので、弁護士に依頼することで、そういった負担が大幅に軽減されることにもなります。このサイトは、こうした親の財産管理の仕方について説明します。